オフィス移転

オフィス移転

オフィス移転をトータルサポート

オフィスの移転(引越)に伴う様々な業務をお任せください。
新規の事務所やオフィスビルへの事務機器の運搬、電話回線の手続き、LAN構築や配線整備、什器の手配にパーティション設営、会議室構築など内装工事。
もちろん旧事務所の原状回復工事もお任せください。
各業者にそれぞれお願いしていると手間とコストが掛かって二重苦となります。
レインボーなら、そんな二重苦を一挙に解決いたします。
引越し日程に合わせた移転スケジュールから什器搬入日時など移転完了までの、様々な業務をスムーズに執り行います。

【オフィス移転に伴う工事はお任せください】

オフィス移転の事例はコチラ

オフィス移転の手順/計画

『事務所/オフィス移転計画の立案』
まずはオフィス移転で重要になってくるのは、移転される理由や目的、時期です。また、新しいオフィスの管理条約や明け渡し時期についても事前に確認しておく必要があります。

(1)オフィス移転に伴う事業戦略・移転計画
● オフィスのランニングコストや生産性の向上計画
● 従業員の方々の満足度の向上、業務改善計画
(2)オフィス運営コストの管理
● 運営コストの把握と必要什器などの検討
(3)オフィス運営管理の方針
● オフィス内のメンテナンス管理などの体制構築

『旧事務所の契約条項確認』
現在入居しているオフィスの解約予告期間の確認が必要です。通常、賃貸オフィスの場合、解約予告は6カ月前に管理者やオーナーに連絡、通知することになります。
また、解約予告期間内の退去には賃料・共益費などの支払いが発生するので、現オフィスに加えて、新オフィスの賃料・共益費も支払うことになります。
また、解約時期によっては違約金が発生する場合もありますので、契約書の内容を確認しておきましょう。

『現オフィス(旧場)の原状回復工事』

オフィスビルでは通常、契約終了時にテナントが入居していたオフィスを原状回復する義務を負います。一般的には壁や天井、床仕上げ材の塗装、張り替えなどを行い、その費用を負担することが多いようです。原状回復の範囲を契約書で確認しましょう。